スピリチュアル〜新たな出発は、すでに計画されていた!

新たな出発は伊勢神宮から計画されていた!

2017年の始まりに伊勢神宮へとお参りに行った時

私は、外宮に足を踏み入れた途端

胸が重たく、苦しくなり

わけがわからないまま、苦しみの中に閉じ込められてしまった。という話を以前に書いたかと思います。

 

過去記事はこちら

ただただ、苦しく辛い思いに苛まれ

周りを巻き込んでしまいました。

 

 

過去世での経験の記憶

閉じ込められてしまった悲しみ

その感情を自宅に帰ってからも

 

 

あれは、一体何だったのか?と

過去世での記憶を辿り

 

 

伊勢神宮の森に閉じ込められていた悲しみの問題は解決したような

そんな気になっていました。

 

 

でも、実際に伊勢神宮に行って

その感情を体はどう反応するんだろう?と

それを確かめる為に再度

伊勢神宮へとチャレンジの旅へと向かいました。

 

 

IMG_6136

 

伊勢神宮の鳥居をくぐると外宮の森が続きます。

そこから、参道を通り

ご祭神の祀られている場所へと。

 

 

実際に近づいていくと

私の胸は、悲しみでいっぱいになりました。

前回のような、苦しみや圧迫感はないものの

 

 

悲しみの感情は、やっぱりそこにありました。

 

 

どれぐらい前の過去世の記憶かは定かではありません。

今世では、私は伊勢に住んだこともなければ

2017年になって初めて訪れた場所であり

何の記憶もありません。

 

過去世に置き去りにされた感情の行方!

 

でも、明らかに過去の「悲しみ」がそこに存在し

その悲しみを受け止めることが重要なのだとわかりました。

 

 

昨日のことや、最近のこと

数年前の出来事でもない

今回の人生では経験していない悲しみが

時を超えた今でも存在し

私に気がついてもらうことを待っていました。

 

 

その悲しみを受け止め、分かち合うことで

その時の悲しみが

体の細胞とも一つになり

自分の一部を取り戻したことを感じたのです。

 

 

私たちは、過去世での経験の悲しみを

いろんなところに置き去りにしています。

空間や時空の中に。

 

 

今回の体験で

過去の記憶を細胞は受け継いでいて

 

 

肉体は死んでしまっても

その時代、その時に解決されなかった感情

思い残しの感情は

 

 

時が経とうと、消えることなく

肉体はなくても存在し

 

 

記憶を思い出すことで取り戻されるのだと。

 

 

忘れてしまった遥かなる記憶も

今の記憶も

どれぐらい前の記憶かなど関係ないし

 

 

 

辛い体験や苦しみ、悲しみなど

問題の大小など関係なく

自分がその時にどう感じたのか?

ということを細胞は覚えています。

 

 

肉体は生まれ変わっても

魂の記憶とともに

細胞にも、記憶はコピーされ

 

 

閉じ込められた記憶が解放される時を待っているのです。

その記憶は、過去の時間や場所や空間に存在しています。

 

 

初めて言った場所でも

なぜか、懐かしい・・・

何か心惹かれるなどありますよね。

 

A2BCE23F-02EF-4A55-A948-CB79E2717B6D

 

 

これを

見ないふり

気がつかないふり

わからないふり

平気なふりをすると

 

 

病気や事故、家族や仕事、人間関係のトラブルというような

現象が起こるのでしょう。

 

 

辛く苦しい気持ちは

目を背けたくなるし

なかったこと、感じなかったことにした方が楽!

生きていく手段!として身につけた技かもしれません。

 

 

でも、怪我して血を流していたら

そのままにはできません。

 

 

 

怪我したら、痛いし

辛いし、治療に耐えたら

よく、痛いのに我慢したね〜と

痛みを分かち合うし、慰めもしますよね。

 

 

感情も同じです。

私が伊勢で感じた肉体に宿る悲しみ

 

 

どのくらいの期間閉じ込められていたかもわからない悲しみがあることを

体で感じ受け止めたことで、私の置き去りにされていた感情を取り戻すことができました。

切り離されていた一部が戻ってきたのです。

 

 

感情を感じる

感情を受け入れ、感情を受け止める(受容する)

解放される

 

 

感情を解放するという本当の意味は

 

 

 

過去の閉じ込められていた感情と繋がることで

その縛りから解放されるのだと思います。

 

 

過去の置き去りにされてしまった感情を取り戻せないままでは

いつまでたっても、何を解放すればいいのか?

どうすればいいのか?さえもわからないまま

時だけが過ぎてしまうという結果に終わってしまうのですね。

 

 

そして、この体験は

実は、この先の新たなる計画

発見をするために必要な出来事として

計画の一部であったことが判明

 

この旅の続きは、また次回に・・・

 

1分間の価値ある過ごし方 魂に刻まれた記憶の封印が解かれ日常が輝き始める スピリライフレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事