スピリチュアルな影響を受けつづている遺伝子の秘密

未来次元DNAアクティベーションで現実が変容します!

dna-1903318_640

 

人類誕生時から影響を受け続けているDNA。

あなたが望む豊かで幸せな現実を手にしたければ

DNAを変容させていくことが未来を開く鍵となります。

 


ほとんどの細胞・DNAは活性化されておらず

能力のわずか数%しか目覚めていません。

さらに、歪んだ記憶が刻まれ続け、未来の扉を開くチャンスをブロックし続けているのです。

 

 

なぜ、自分の可能性に限界を設定してしまうのでしょう?

 

何かにチャレンジしたい!やってみたい!と望みながら

私には、能力がない。

完璧に出来ない。
力がないから・・・と自分を責めたり、罰しています。

 

 

なぜ、自分を無能な人間だと烙印を押してしまうのでしょうか
なぜ、孤独や寂しさを持ち続け

私には無理だと無意識に感じてしまうのでしょう?

 

 

その根本的な原因は

すべて今の自分だけの問題ではなく

人類誕生時、ホモ・サピエンス時代以前の遺伝子操作が関係しています!!

 

 

人類誕生の時にはすでに崇拝と服従はDNAに入れられているという事実!

人類誕生の時から遺伝子操作による影響で「崇拝と服従」

人間の無意識にインプットされました。

 

約20万年前とも言われる人類誕生時の影響が遺伝子の中に存在し生き続けています。

これまでDNAに無意識に刻まれてきた

「崇拝と服従」は

私たちを枠に閉じ込め続けました。

 

 

そして、そこから出ようとすれば

 

恐怖を感じるようになり・・・

 

閉じ込められている事が安全であるという

勘違いを時代を超えて

DNAに刻み続けたのです。

 

 

私達が、自分の未来を開くために今すべきことは

刻まれ続けた恐怖の記憶を解放

遺伝子の歪みを修復し

わずか数%しか目覚めていない遺伝子を活性化する事です。

 


DNAに刻まれた恐怖の核」が取り除かれることで

過去の繰り返しのループから解き放たれます。

「恐怖の核」を「未来創造のための核」へと置き換えることは

可能なのです。

 

 

 

 

DNAはもっとも変化しやすい物質!

遺伝子は、もっとも変化しやすい物質と言われています。

最も変化しやすいということを認識しましょう。

過去の歪んだ思考が遺伝子に刻まれたままだと

今を生きる事が苦しく

新たな未来創造をしていく事が困難です。

 

 

刻まれ続けて「恐怖の核」を取り除き

新たな「未来創造の核」へと置き換えると

これまでの物事の捉え方や考え方

見解も違ってきます。

 

 

これまでの、無意識に恐怖を回避するための行動パターンや考え方から

 

 

豊かなで幸せな

自分を生きることのできる未来へと変える事が可能なのです。

 

 

私たちのこれまでの行動は

無意識に「恐怖」から発生しています。

 

 

嫌われたら一人になる

非難されないため頑張る

嫌な事も我慢

 

 

悪いことをするとバチが当たる

神様に見捨てられたら嫌だ

孤独は嫌だから

寂しくないようにここにいなくちゃ

等・・色々あります。

 

 

生き残るためにやるべき仕事や周りとの付き合い

安全で守られるために行ってきた行動。

 

 

もしこれらが「自分を生きるため」

「未来を創造するため」の思考や行動パターンベースで生きるとしたら

 

 

安全で守られることばかりに意識を向けた選択ではなく

数ヶ月後、数年後の未来を想像しながら

行動や結果を選択する事ができるようになるのです。

 

 

「未来を想像するための核」が遺伝子の中に入ると

未来のために、今この選択!

ただ、シンプルにその選択ができるようになり

決める!ができるようになるのです。

 

 

恐怖ベースの選択には、いつも不安が伴います。

不安が伴うので、いつも決める事が怖いのです。

 

 

「未来創造の核」

これが遺伝子の中に入り込んでくると

もっと自分の選択を迷う事なくできるようになったり

自分のことを信じてあげれるようになります。

 

それは、これまでの自分には

感じることのなかったぐらい

気持ちの良い感覚です。

 

 

「恐怖の核」を取り除き「未来創造の核」へと変換する事で

これまでの苦しみや葛藤から

輝く世界へと変化していくのです。

 

1分間の価値ある過ごし方 魂に刻まれた記憶の封印が解かれ日常が輝き始める スピリライフレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事