遺伝子の書き換えで起こった奇跡とは?

遺伝子の変換で起こった奇跡とは?!

先日、福岡の博多で開催した

「遺伝子とのコミュニケーションを取ることで未来創造1dayセミナー」の

その後をお伝えしたいと思います。

 

 

<笑顔の素敵な50代女性の奇跡!喘息が治った?!>

彼女は、幼い頃から喘息を持っていました。

幼い頃から、喘息の為に親に迷惑をかけた。

そのせいで引越しをしたりなど

いろんな葛藤をずーっと抱え、母親のことが嫌いだと思い込んでいました。

 

 

そんな彼女のセミナー直後のメールと

セミナー1週間後の様子を語ってくれました。

 

 

セミナー直後

今まで、いろんなことがわかるという人に出会ってきたけど

いかに胡散臭かったのか改めてわかりました。

言われた言葉を信じて、自分はダメな人間だと思い込まされ

自分を好きになれずにいた事。

 

 

大事な人の存在すら否定していた事、誰も教えてくれなかった疑問が解けてスッキリしました。

セミナーのあとはミョーにウキウキして、昨日も楽しくなるものを探し

(自分の変化を記録しようと思って手帳を買いました)ウキウキしていました。

 

background-14884_640

 

 

◆◆その1週間後(奇跡の体験談)◆◆

 

こんにちは。私・・

ずーっともしかして…思ったことがあって…

 

 

でも、確信も持てなくて

 

 

でも、でも、もしかしてって…

 

 

私、喘息治ってるかも。

 

 

セミナーで遺伝子書き換えしてもらったあと

 

 

もしかしたら

喘息治っていたりして?!

と思い、予防薬を使うのをやめて

 

でも、半信半疑、セミナー後、初ジョギングをしたら

 

 

苦しくない!!

 

 

走り始めたらすぐ苦しくなって

ちょっと我慢したら走れるような感じだったのに

今日は初めから苦しくない!!薬も使っていないのに!!

 

 

どこまで走ったら苦しくなるかな?と思っていたけど苦しくない!!

 

 

呼吸が苦しくないってなんて素晴らしいんだろう!!

 

woman-570883_640

 

日頃の運動不足から足が疲れて大した距離は走れなかったけど

今ならどこまでも走れる気がする

 

 

なんてことだろう…

私は幸せだ。

ずっと苦しめられてた喘息とサヨナラできた。

 

 

走っている途中

病気を言い訳にしないという言葉が浮かびました。

 

 

他人には自分が喘息があるとは知られたくないと思って頑張ってきたつもりだったけど

自分自身には喘息があるから無理しないように

喘息があるからこれ以上のことはできないんだと言い訳をして生きてきた。

 

 

まだ、信じきれてない自分がいるけど、確実に変わっている自分がいる。

 

 

素直に信じよう。

ありがたい現実を受け止めて、本当の自分を1日も早く思い出せるように。

 

 

彼女は、直接に喘息がなくなるように!とセミナーに参加したわけではありません。

ですが、遺伝子の中にある過去の古い概念や思い込みを解放したことで

持病であった喘息までもが解放されました。

 

 

喘息という病気の裏に潜んでいた思い込みの概念が解放され

長い間の苦しみから解放されたのです。

 

 

遺伝子に組み込まれていた解放されるべきものが

解放された時、長年の悩みであった喘息までもが。

 

 

彼女は、嫌いと思い込んでいた母親に対しても

本当は、母親が大好きだったということにも気がつきました。

 

 

これからの新たな未来創造がすでに始まっています!

 

 

1分間の価値ある過ごし方 魂に刻まれた記憶の封印が解かれ日常が輝き始める スピリライフレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事