インナーチャイルドという魔物をスピリチュアルで変化させてみる!

インナーチャイルドという魔物をスピリチュアルで変化させて見る!

 

インナーチャイルドとは、幼いころの私

大人になった今でも、小さいころの私が

私の人生に影響をしている!

 

ベビー

 

セラピーやスピリチュアルな人に悩みを相談に行くと

「幼いころのあなたを癒しましょう。インナーチャイルドが癒されていません」

 

そんなことを言われ、何度もトライしたことがあるという経験を持つ方もいるのでは。

 

実際に私も10年前ぐらいに

インナーチャイルドのイメージワークに参加しました。

それが、スピリチュアルと接した初めての体験かもしれません。

 

 

スピリチュアルという目に見えない世界

見えないけど、確実に存在しているその世界。

 

 

幼いころの私は

実際にはもうすでに大人になっていて存在していない。

 

だけど、スピリチュアルな世界にいるインナーチャイルド。

幼いころの私。

幼いころの私の感情がそこにある。

 

感情は老化することなく、スピリチュアルな世界に存在する!

幼いころの私は、実際には存在していないのに

それを思い浮かべる・・・

 

そういわれ、誘導してイメージを感じてみる。

 

だけど、どこかで

子供の頃の私を思い出したくない~

そんな気持ちが動く。

 

だって、思い出したら

きっと辛くなる!

 

もう、忘れてしまったと思っている記憶も

スピリチュアルな見えない世界では

その記憶が存在していて

 

その時の感情は

この肉体の細胞が記憶している。

 

 

身体が堅くなったり、緊張したりするのも

細胞がその時の身体の記憶を覚えていて

反応している。

 

見える出来事よりも、実際には

姿、形として見えない感情が動いている。

 

姿、形としては見えないスピリチュアルの世界

そこに存在する感情。

 

それが

実際の行動を支配している。

 

 

インナーチャイルドという小さな小さな私。

肉体は、その時の自分ではない。

確実に老化している!

 

でも、その時に受けた心の感情は

年をとらない。

感情は老化することなく永遠と存在し続ける。

 

 

目に見えないスピリチュアルな世界では

記憶も感情も

ただそこに存在している。

 

子供の頃の傷ついた感情も記憶も

スピリチュアルな一部として存在し続けている。

 

だからこそ、その記憶、感情が変わると

全てが変化するのは、当たり前だと言っていいぐらい

 

記憶を書き換える!ということが

どれだけ、人生に影響を及ぼすのか!

 

 

スピリチュアルな影響というのは

あちこちに存在していて

その重大さに改めてびっくりする。

 

 

インナーチャイルドを癒したい!と思うなら

勇気をもって、その時の記憶、感情を

見つめなければ、決してインナーチャイルドという

目に見えないスピリチュアルな存在からは

逃れられない。

 

1分間の価値ある過ごし方 魂に刻まれた記憶の封印が解かれ日常が輝き始める スピリライフレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事