スピリチュアルで解る!お金に投影された感情が経済を創っている。

スピリチュアルで解る!お金に投影された感情が経済を創っている。

お金がもっとあれば

もっと楽に簡単に稼げればと

経済的な豊かさ、余裕が欲しいと誰もが望んでいます。

 

 

見えないスピリチュアルの世界では

宇宙の法則や引き寄せの法則という言葉があり

見えない世界を見方につけて

スピリチュアルな世界、宇宙に望みを投げる!

 

すると、望んだ結果がやってくる!というようなことが

良く言われています。

 

 

経済を稼ぐことの出来ない人は

稼いでいる人と何が違うのでしょうか?

 

money-1428594_640

 

経済を稼いでいる人は

スピリチュアルを見方につける力が強いのでしょうか?

 

 

これまで私達は、どうしても肩書きや経済、

地位や名誉、権力というものに

影響されやすい中で生きてきました。

 

 

なぜなら、この日本を動かしているのは

権力であり、肩書きであり

地位であり、経済であり

 

見えないスピリチュアルの世界とは

程遠い印象があります。

 

 

例えば、主婦で経済力がない

 

というだけで、コンプレックスを持ち

どこか卑屈になっている人も多いのです。

 

 

主婦が銀行でお金を借りようとすれば

たったこれだけも、貸してもらえないの?

と思うぐらい、社会的な信用がありません。

 

 

 

一昔前

今の50代以上は、男尊女卑の精神が強い社会で育ちました。

女性は、家庭の事をすればいい!

男性を支えることが役割であると。

 

そして、例えば

男性が家庭の中で、理不尽に怒ったとしても

多少、暴力的であったとしても

耐え忍ぶのが、家庭を支える女性として

すばらしい

 

 

そんな時代だったのです。

今ほど、スピリチュアルなことを言える時代でもなく

見えないスピリチュアルなことは

かなり特別であり、一般社会とはかけ離れていました。

 

 

50代女性のMさんは

父親に、旦那さんに叩かれた。と伝えたとき

「たったそれぐらい・・・」と言われたそうです。

 

 

男性の言い分と女性の言い分はそれぞれ違う!!

男性には、男性の言い分があります。

 

もしかしたら、外で一生懸命働き

社会の抑圧の中で頑張っている!

 

仕事で疲れているのに、家庭ぐらい

自分の思い通りにしたい!

 

なのに、何を口答えするんだ?!

もっと、自分を大切にしてくれ!

社会的な抑圧に比べれば、俺のいうことぐらい

大したことじゃないだろ!

そう思ったかもしれません。

 

女性の言い分は

家庭の事、子育ての事

大変なのに・・・

 

何も分からず、仕事から帰れば

不機嫌だし、横暴な言い方ばかり

どんなに疲れているかもしれないけど

こっちの身にもなってよ。

子育てに休みなんてないんだから!

振り回されてばかり。

 

そんな言い分かもしれません。

 

 

特にお金や権力、社会的地位がある人だと

その人の言うことには逆らえず

 

とても社会的にみれば

立派な人なので

そんな人に何かを言われてしまえば

 

 

「悪いのは私・・・」

無能で、何も出来ず

稼ぐことも出来ず、家の事も上手くやれず

子育ても、上手くいかない

 

そうやって自分を責め

どこかで、権力とお金を恨み始めるのです。

 

 

例えば

すごいお金を稼いでくる旦那さん。

 

でも、家庭では仕事のストレスで怒りっぽい

自分勝手で、わがまま

そんな旦那さんに従わされたり

尽くしてみたり

cross-1448946_640

 

そんなことは、嫌で嫌でたまらないのに

どうしても、彼の経済力がなければ

子供を育てることが出来ない。

 

無能で主婦しかやれない私は

駄目だ~こうやって、我慢するしかない!

 

そう思いながらの毎日で

自分をどんどん傷つけていきます。

 

いつの間にか、気がつけば

地位や名誉という肩書きの元に

経済を稼いでいる人を恨み

 

お金=汚い

そういったイメージが出来上がるのです。

 

スピリチュアルで解る、お金を遠ざける理由とは?

 

お金には罪はありません。

お金は単なる象徴で、一つのツールです。

 

ただ、そこに感情が加わること

お金は、良いものにも

悪いものにもなるのです。

 

感情は見えないので

どんな感情がお金にまとわりついているのか解りません。

 

欲しいものが純粋に買えたとき

お金は、とっても素晴らしいものになります。

喜びます。

 

 

でも、欲しいものが買えない時

お金が不足しているという状態だったり

 

誰かにお金をもらっている状態で

足りないと感じたり

それでも、生活のためにしかたないというふうに

支配されているとすれば

 

 

あの人がもってくるお金は大事。

でも嫌い。

私にもっと稼ぐ力があれば・・

なぜ、ないんだろう?と

妬みや恨みが生まれます。

 

 

お金には

何の罪もなければ感情もありません。

ただ、生きていく上でのツールにしかすぎません。

 

 

やりたいことがやれない~

自由がない~

おもうようにならない~

 

なぜなら、お金が足りないから!

 

すべてお金のせいにしているのです。

 

 

お金がないからやれないのではなく

お金を稼ぐ勇気がないから

手に入らなかったり

 

 

お金は、権力や支配の象徴だ!と思っていれば

 

自分を支配してきたお金

そんなものは嫌だ!と無意識に思いつつ

お金がないと困る!という現実

 

そこに甘んじている

自分に対する自己嫌悪だったり。

 

 

お金には、見えない世界の感情

スピリチュアルな世界が

いろんな出来事を通して投影されているのです。

 

 

お金に感情を投影していて

 

それが、自分の経済状態を創っているということ

 

 

それが真実です!

 

お金を稼ぎたければ

お金を通してどんな感情が埋もれているのか

それを明らかにしていく必要がありますね!

 

ワイズワンのスピリライフセミナーでは

見えないスピリチュアルな世界を現実に

変化させていきます。

 

star-of-david-278820_640

 

 

 

 

1分間の価値ある過ごし方 魂に刻まれた記憶の封印が解かれ日常が輝き始める スピリライフレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事