スピリチュアルなセミナー受けたらどうなるの?

スピリチュアルなセミナーを受けたらどうなるの?

私が最初にスピリチュアルな世界に触れたとき

人生があまりにも惨めで

 

とにかくどうにかしたい!!

 

ただそれだけを追い求め

とにかくセミナーを受けさえすれば

 

barbary-ape-384632_640

 

どうにかなるだろう!

どうにかなるはずだ!

人生は開けるはずだ!

 

そう思い込んで

人任せな感覚で

お金をつぎ込みました。

 

 

同じセミナーを受けて

結果が出る人

そうではない人

 

何が違うのか?

その当時は分かっていませんでした。

 

同じことを習ったのに

どうにもならないのは

 

私の努力が足りなからだ

人脈が足りないから

カリスマ性がないから

人気がないから

習ったことを生かせない!

 

 

私は、変わりたいと願いながら

多大な代価を支払いながらも

 

私自身の人生に期待を持てないまま

 

ただ、どん底の精神状態から抜け出し

人生が変化することを

 

スピリチュアルなティーチャーに任せておけば

どうにかなる!

どうにかなるはずだ。

 

私は、きっと救われる。

なぜなら、こんなに代価を払ったから!

 

 

そう思い込み、

能力が開花し、力を得ることが出来れば

 

見えない世界が見えるようになりさえすれば

人生は大きく変わる。

 

 

見えないスピリチュアルな特別な能力が開花すれば

私は、特別な人間になれる!!

 

bird-383245_640

 

罪悪感と自己犠牲、自己価値の低さで

毎日が苦しくて、

生きている価値がないように感じていた毎日が

終わりになると

そう信じていたのです。

 

 

習いに行けば

誰かが、それを教えてくれる。

 

 

10年ぐらい前の私は

今、冷静に振り返ってみると

 

ただ特別になりたかったようです。

そして、特別な能力は

スピリチュアルなティーチャーに教わりさえすれば

私には、その力がつくと!

 

特別な能力だと思っていたスピリチュアルな力?

特別な能力だと思い込んでいた

スピリチュアルな能力

 

それが手に入りさえすれば

惨めな人生から逃れることが出来る!!

 

真剣にそう信じていました。

今考えると、ただ、愚かでしかなく

 

 

「特別な存在になりさえすれば、

私は変わることが出来る。

特別な能力さえあれば

全てが解決する」

 

 

その思い込みこそが

宇宙の法則に反しています。

 

 

これさえあれば!

こうなりさえすれば!

自分は、何かが欠けている

特別ではないと言うコンプレックス

 

今は、どう感じているかと言うと

 

 

誰もが特別であり

スピリチュアルな能力は

誰もが手にできる能力でもあり

それがあってもなくても

どちらでもよく

 

 

ただ、魂が望んでいる方向に向かっていれば

どんなことがあろうと

結果は良し!なんだな〜と。

 

全部自分が決めて動いているだけだから・・・

 

 

という事実があるだけです。

 

見えないスピリチュアルな能力も

見えないだけに魅力的だと思うのは

 

人は、ずーっと

見えないスピリチュアルな世界に

本当の答えがあると知っているからこそ

そこに向かいたがり

 

誰もが意識的であれ、

無意識であれ

そこを手にすることを望むことには

終わりがなく

永遠に続いているのでしょう。

 

何を自分が決めてきて

何を望んでいるのか

わからない・・・

そう思い込んでいますが

 

わからない・・・と思い込んでいるのも

決めたことなのです!

water-1528619_640

 

今、肉体を持って生きるこの時間には制限があります。

 

制限があるからこそ

やれることにも限界があると言うこともわかっています。

 

セミナーで本当に伝えたいことは?

私たちがセミナーでお伝えしていることは

自分の人生を今よりもさらに良くしたい!

変わりたいと思うのであれば

 

私という人間は

どうしたいの?

 

全て自分が招いているとしたら?

何を望んでいるの?

 

これを知る必要があります。

 

それを置き去りにして

 

どうにか変わることができないか?

技術や手法や資格があれば

変わることが出来るのでは?

ということばかりを願っています。

 

本当の自分は置き去りです!

 

 

本当の自分と繋がり人生を変えていくには

 

私という人間が

 

何をベースに生きているのか?

考え方の基準はなんなのか?

 

それを知らないまま

新しい思考を、いくら上から覆い被せたとしても

根本が変わっていなければ

何も変えることはできないのです。

 

私という人間を知ることが

気付き!ということです。

 

 

私という人間がどんな人間であるかを知らないまま

死んでしまいたいのか?

 

 

それとも、今の自分のまま

本当の自分を知らないまま

次から次へと上書きして生きたいのか?

 

 

自分を知らずに死んでしまうことは

怖くはないのでしょうか?

 

仕事のパートナーであるナオは

いつも究極の質問をします。

 

 

究極の質問をされた時

本当はどうしたいのか?

という答えが出てくるのです。

 

 

本当の自分を知らずして死ぬことの恐ろしさ以上に

怖いものがあるのでしょうか?

 

 

2017年も

スピリライフセミナー開催して行きます。

興味のある方は、お問い合わせくださいね。

 

スピリライフセミナー内容の案内はこちらです。

 

 

1分間の価値ある過ごし方 魂に刻まれた記憶の封印が解かれ日常が輝き始める スピリライフレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事