愛されダメウーマンはどんな人?!

愛されるダメウーマンは自分を知っている!

若い頃は男にだらしなかった(笑)

重いものを持てないし

瓶の蓋も力が弱くて開けれない(T . T)

 

 

日常の人が簡単に出来ることに時間がかかったり

鈍臭かったりもする。

何もないのに壁にぶつかったりするので

家族にも、結構笑われるそう。

 

 

これは、私の仕事のパートナー「ナオ」の話。

 

 

ナオは、私とセミナーを一緒にしている。

彼女は、潜在意識を読み解き、宇宙と繋がり

必要なメッセージを降ろす。

その人にとって

Max!の最高の未来を意図し

人を覚醒させることの出来る人。

 

 

簡単にいうと

見えない世界と繋がり

現実を変えることの出来るチャネラーさん。

出会った人、クライアントさんの現実を

幸せへと変化させるプロです!!

 

 

私は、彼女を知れば知るほど

彼女ほど日常ではダメダメウーマンと言いながら

こんなにも自分のダメさを受け入れ

そんな自分も可愛いと言い

自分の出来る最高の仕事をしている人を見たことがない。

 

 

ナオは

昼寝をしている私は最高に幸せ〜

寝転がって好きなおしゃべりが出来るのも幸せ

 

 

好きな時に仕事して

好きなようにぐ〜たら出来て・・・と

決して、自分に無理をさせない。

 

 

 

 

 

 

 

セミナー合宿では

夜中まで、みんなにメッセージを下ろしたり

何かを教えたり、永遠とやり続ける。

はたから見てすごいな〜と思っても

それは、自分が好きでやっているから

苦にはならないと。

 

 

彼女に言わせると

小さなことが全て幸せに繋がる。

だから、ジャムの瓶や蓋が開けれるだけでも幸せ〜

開けられなかったら、こんなこともできない自分って可愛い〜と。

 

 

決して自分を傷つける生き方をしない。

彼女は、自分を決して無理させないし

幸せのハードルも低くして

いつも小さな幸せを当たり前のように喜び

いつも自分を満たしている。

 

 

多くの人は、サプライズや

特別なことがないと幸せだと感じていない。

日々の小さな幸せを見ていないのだ。

 

 

ナオは

私は、世間から見たら

離婚してるし、

瓶の蓋さえ開けれないし

社会的な何かがある訳でもない

 

 

でも、全部自分で決めて生きている。

それが幸せだという。

 

 

 

 

 

 

 

彼女は、この社会から見れば

ダメウーマンかも知れない

 

 

でも、全部自分で決める。

選択をするという覚悟を持って

幸せに楽しく生きている。

 

 

彼女との関わりの中で

何かを決めることが怖い!

決めたことから発生する人の評価や結果

どう見られるかを心配して

不安いっぱいの自分から

 

 

決めることは楽しいかも知れない

決めるは・・・時短になるし、楽しいな〜

もし、決めてダメなら謝ればいいや〜

 

 

たとえ結果がダメウーマンになったとしても

そんな自分を受け入れればいいこと!

 

 

どんな自分も受け入れないことが

本当のダメウーマンなのでは。

 

 

 

 

Follow me!