最低限の使命を果たしていないと金欠に!

使命を果たしていない人は金欠に!!

いつも、お金がない人

欲しい欲しいと思いながら

なかなか収入が増えない人

 

 

お金の問題を抱える人の多くは

最低限の使命を果たしていない

 

 

最低限の使命とはなんだろう?

最低限の使命はいくつか存在する。

 

 

その中の1つが

「受け入れる」ということ!

 

嫌な上司は受け入れがたい・・

 

40代女性 営業 Mさん(社会経験20年程)

Mさんは、出来高制のお仕事。

自分が契約をとればとるほど

収入が増えるお仕事。

 

 

でも、Mさんはうまく契約がとれない。

その理由が、上司に恵まれないからだという。

契約がとれないのは

理不尽な上司が気分屋で

怒鳴りつけ、自分を振り回す

意地悪をする

 

 

自分だけ、どうしてこうも

意地悪されるのか?!

と仕事に身が入らない

 

 

毎日、毎日、怒られてばかり

意地悪されてばかり

パワハラだ!と嘆く。

 

 

彼女は、数ヶ月我慢をするも

これ以上は無理と

会社の幹部に上司のパワハラを訴える。

 

 

彼女の訴えは受け入られ

上司が変わることに・・・

 

 

Mさんにとって

毎日、上司の顔色をみて

怒鳴られていた地獄の職場が

上司も代わり、パラダイスに!

 

 

意地悪されることもなくなり

居心地の良い職場になった。

 

 

Mさんは、上司のパワハラを訴えることのできた自分を

自分だけでも褒めたい!という。

 

 

状況だけをみれば

Mさんにとってはとても素晴らしい変化

 

上司のパワハラに悩まされることもない

煩わされることもなくなり

これで営業に没頭できる!という。

仕事に対する情熱が戻ってきたと。

 

 

この話だけ聞くと

理不尽な上司のパワハラ被害を受け

勇気を振り絞って戦った結果

勝利した!という筋書き。

 

 

勝利した裏に隠されている秘密

でも、実際はどうだろう?

今回の件で、Mさんがいうように

勇気ある行動は

Mさんを成長させたのだろうか?

 

 

人生の学び、成長という点から見たら

 

 

「人生の理不尽さを受け入れる」

という課題をクリアにできなかった。

 

 

確かに、上司のいうことは絶対だったり

間違っていても、Noと言えなかったりもする。

それでも、彼はなぜこんなに機嫌が悪いのだろう?

 

 

なぜ、怒鳴ってばかりなの?

なぜ、私は他の人よりも

怒鳴られるターゲットにされてしまうのだろう?

 

 

他の人は、なんとか出来ているのに

なぜ、私はこうも上司が気に入らないのか?

本当に、契約がとれなかったのは上司が原因なのか?

 

 

幹部に訴える前に

ガチで上司と話し合う選択はなかったのか?

見るべき課題、見直すべきことは沢山ある。

 

 

たとえ、訴えることになったとしても

その前に「人生の理不尽さを受け入れる事」ができたら?

向き合うことができたとしたらどうだろう?

 

 

 

今回の件でMさんは

理不尽な上司に

意地悪をされてばかりの被害者!から

被害者のフリしたツワモノになった。

 

 

会社の同僚や仲間

関係者からどう思われてもいい

自分を褒めたいと思う。

そういうMさん。

 

 

でも、周りの人に

「余計なことを言えば、飛ばされる」

そう影で言われ、恐れられ

誰も本音を語ってくれないかもしれない。

 

 

理不尽な上司を幹部に訴え

Mさんの前から抹殺された上司

 

 

彼女が行ったことは

気に入らないもの

自分の思い通りにならないことを

排除しただけなのだ。

 

 

「人生の理不尽さを受け入れる」

という課題に向き合うチャンス

課題をクリアにするチャンスを

先送りにしてしまった。

 

 

「理不尽さを受け入れることのできる自分」になった時

あなたはどうなるでしょう??

以前より、大きな人間になっていないでしょうか?

 

 

その上で、戦いたければ

戦えばいい。

 

 

表面上は、以前より平和を取り戻したように見えるMさんの日常。

ただ、人生の課題が先送りにされてしまったことで

「受け入れる」ことに対する課題は

これからもどんどんやってくるだろう。

 

 

「受け入れること」

それは、良いことも悪いことも

自分にとって都合の悪いことも

一旦、受け入れるということ。

 

 

受け入れることができなけば

望む豊かさを手にすることは出来ない。

 

 

人生を豊かにしてくれるお金も同じ

受け入れることをせず

排除してしまえば

お金の豊かさを手に入れることは出来ない。

 

 

自分と向き合うことは

豊かさへの早道なのです。

Follow me!